OHカードの個人セッションの感想を頂きました!(Mさん@北海道)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

「OHカードのセッションは楽しくて気づきがたくさんでした。

最初は「生活するための手段をどうするか」というような感じでカードを引いたら

カメの絵とライバルの文字。

最初は何も思いつかなかったけれども、よくよく考えてみると

私は自分のペースで進みたいのに、周りの声に影響されて

下の方へ隅の方へ追いやられている

そんな感じを受けました。

焦らないでゆっくりやろうという気になりました。

Dayaさんが適切な質問を投げかけてくれるので

いつもは自分で答えを出すのはかなり時間がかかるのですが

ちゃんと時間ぐらいで終わったのがびっくりでした。

途中で「とりあえず生活するのにどんな仕事をしたいのか?」という問いでカードを

引くと

何とまぁ、3人の面接官と面接しているような絵と強制という文字が出て

それが、まさに次の日に迫った面接のようで気が重くなりました。

しかもその面接の絵と同じような雰囲気の面接で、しっかり落ちました(笑)

職安の紹介時に重くて嫌な感覚に陥ったので、

この面接は強制されたと自分の中で感じたのかも

その時にDayaさんが言った「その感覚は覚えておいた方がいいかも」と言っていたの

今もかなり役立っていて

自分にとっていいものを判別できなくても、違うものは判別できるようになりました

(*^^)v

セッション後は頭の中でこんがらがっていた糸がほどけてスッキリした感じを受けま

した。

ありがとうございました。」

(Mさん@北海道)

Mさん、感想どうもありがとう!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: OHカードの個人セッションの感想を頂きました!(Mさん@北海道)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.oh-card.jp/ssp/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、Dayaが2009年1月13日 09:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「個人セッションの感想をいただきました。」です。

次のブログ記事は「OHカード・ジャーナル[090126]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01